WEBマスターになろう!

パソコンの画像

 

webに関することやさまざまな情報を一緒に学んでいきましょう

 

   MENU

  icon HTMLについて

  icon JavaScriptについて

  icon FLASHについて

  icon XMLについて

  icon パソコン

  icon

  icon 転職

  icon ウォーターサーバー

  icon グルメ

  icon 金融

HTMLについて

WEBでホームページを作る際、必要になってくるのが、HTMLの知識です。
HTMLとは、「Hyper Text markup Language
(ハイパー テキスト マークアップ ランゲージ)」の略になります。

作成する際には、「タグ」と呼ばれる特殊な記述で、
文章などを位置付けすることが出来ます。
また記述する際は、メモ帳などのテキストに記述するだけでいいのでかなり便利です。
そのファイルの事を「HTMLファイル」と呼びます。

例をあげてみます。




一番最初に<!DOCTYPE…とありますが、
これはどういう意味かというと、THMLのバージョンのことを表しています。
記述する際は、htmlのバージョンも知っておく必要がありますね。

2段目に<html>とあります。
これがhtmlで書いているという意味となります。

最後には</html>とありますが、これは、閉じるの意味を表しています。
/(スラッシュ)は、それを閉じる意味になりますので、覚えておきましょう。

3段目の<head>は、その名の通り、頭の部分となります。

4段目には、<title>タイトル</title>とあります。
タイトルの部分には、自分が決めたタイトル名を入れましょう。

5段目の<meta http-equiv…は、何を表しているかというと
文章の文字コードを指定しています。

6段目にはキーワードを入れることが出来ます。
2個、3個と入れたい方は、間に「,」を入れてもらうと入れることが出来ます。

7段目は、そのページの説明文を入れましょう。
ここまでのheadの部分ですが、ここは画面上には表示されていません。
次の9段目の<body>と</body>
間に表示させたい文章や画像や動画などを記述しましょう。
ここには書いていませんが、<body>と</body>間に<table></table>を中に入れて、
文章構成を複雑にすることが可能になります。

今回記述したものは基礎中の基礎となります。
タグを覚えたり、記述の仕方を覚えると簡単にHPが出来るようになります。
是非チャレンジしてみて下さい。



copyright (c) 2012 webマスターになろう!