WEBマスターになろう!

パソコンの画像

 

webに関することやさまざまな情報を一緒に学んでいきましょう

 

   MENU

  icon HTMLについて

  icon JavaScriptについて

  icon FLASHについて

  icon XMLについて

  icon パソコン

  icon

  icon 転職

  icon ウォーターサーバー

  icon グルメ

  icon 金融

XMLについて

XMLとは、「Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)の略で、
情報をテキストに記述する言語です。

XMLはテキストですので、簡単に記述することが出来ます。
HTMLに似ていると思われる方も多いかもしれません。

ここで違いを書いてみようと思います。

HTMLを紹介しましたが、HTMLをみるとそれ自身の意味をコンピューターは、
わかっていません。

一方、XMLは、その意味をコンピューターが理解しますので、
データを読みとることが可能ということです。

ここでXMLの書き方です。

まず、XMLは要素からなります。
開始タグの要素と終了タグの間に内容を入れる事で、成り立ちます。
ここでのタグは、HTMLとは違い、自分で決める事が出来ます。

ここで注意したいのが、大文字と小文字です。
大文字と小文字は区別されますので、注意しましょう。

それから、内容がない場合には、開始タグの最後に/を入れる事で、
終了タグは省略できます。

次に属性です。
これは、要素サポートする情報のことです。
これを入れる事によってサブ的なことも入れる事が可能になります。
それからDTDと呼ばれるものがあります。
これは何かというとタグを定義する事が出来ます。

文章の中で定義するとその記述を複数の人が扱う場合に、
便利です。

必ずしもしなければならない訳ではありませんが、
DTDを宣言しておくとより分かりやすくなると思います。

このようにXMLはHTMLは比較的簡単に記述することが出来ますので、
初心者の方にも優しいと思います。



copyright (c) 2012 webマスターになろう!